Loading…

スポンサーサイト

Posted by 小畑 和大 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近ブログを始めた人の為の文章力を良くする為の荒療治

Posted by 小畑 和大 on 05.2012 記事の書き方   0 comments   0 trackback
a0008_001867.jpg 


ソーシャルメディアを利用したマーケティング等が流行っている事で
恐らくこれからブログを使って集客だったり宣伝をする人が更に増えるだろうし
実際に最近はじめたなんて人は少なくはないと思います。


私も最近本格的に個人ブログ記事の更新をしだしたのだけれど


やはりネックになるのが文章力、ないし記事力(´ω`;)

a0960_002561.jpg 


そこで今回は私が行っている拙い文章力を良くする為の荒療治をご紹介します。


大半の人がまず文章力がない事の原因を探す所から初めてしまいます。


実はこれが既に間違っています。


はじめてテニスするのにどうしてサーブが入らないのか分析しているのと同じです。


最近は情報が溢れているだけにそれに頼ってしまいがちですが
ブログを書くという事はスポーツと一緒で体で覚える物だと私は思います。

最初はとにかく書く


近道ではありませんが着実に実力はつく方法ですね。

a0002_006096.jpg 

しかしがむしゃらに書いていたのでは効率が悪いので書く時のルールを4つ決めます。

この4つを守ってブログを書く事で文章力、記事力は少しずつ上がると思います。


①題目と結論を決める
話題が迷子になって読み手が???にならないようにする為に
何について書いて、どういう結論になるかを決める。

②420文字以内に収める
どうしても長く成る方や収め方がわからない人は
本文制限を420とする事で収める癖をつける。

③3部構成にする
420文字の3部構成なので1部140文字で書く事を目安にする
・1部:テーマ、問題定義、事実を提示
・2部:1部に対する主張や改善方法を説明
・3部:結論や結果ないしオチをつける

※420でどうしても収まらない場合は280字に制限を下げる。

④テーマに会った写真を1~3枚入れる
最高1部あたり1枚、内容にあっているイメージの写真を
あらかじめフリーの写真サイトや撮影したものからピックアップしておく

この4つを守りながら記事を書けばある程度の記事が出来ると思います。

後は試行錯誤しながら100記事書く事を目標に時間の許す限りガンガン更新しましょう。



私は9月の目標は100記事です。

これに仕事で書くブログが20~30記事なので120記事は書く事になります。

これだけ書けば文章力つきそうですね(`・ω・´)


継続は力なり


皆さんもがんばってください!




今回の記事は下の2つの記事をまとめた物です。

拙い文章力をアップさせる為の荒療治その1

拙い文章力をアップさせる為の荒療治その2

スポンサーサイト
  

プロフィール

小畑 和大

Author:小畑 和大
1990年生まれ 大阪市在住

2011年にデザイン系の専門学校を
卒業後、1年のデザイナーを経て
ソーシャルメディアマーケターに。

現在は本業の傍フリーでもっと楽しく
もっと充実した人生を送る為に
様々な学びや挑戦を続けています。

当ブログでは私の知識、経験を軸に
様々な事を発信していきます。

Amebaの方では記事の原型、
編集前の記事や日記を少し早く
見る事が出来ますのでよければ。

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。